社会福祉法人 松輪会

トップページ > 個人情報について
  • メニュー
  • 「黄金の里」とりくみ
  • 法人概要
  • 個人情報について
  • お知らせ
  • 職員募集はこちら
個人情報について

■目的

個人情報保護に関しては、社会福祉法人松輪会個人情報保護規程(以下「保護規程という。)により取り扱うものとするが、介護保険制度のもとにおける介護老人施設サービス、居宅介護サービス及び居宅介護支援サービスを適切、効果的に提供するために利用者本人及び家族の状況等を把握し、記録、活用することは、サービス提供事業者にとって重要かつ不可欠である。よって、保護規程及び当該事業に関する法令、各省庁のガイドライン等に沿って適性かつ慎重に個人の情報を取り扱うものとする。

■範囲

対象範囲は、保護規程に定める個人情報はもとより、業務上知り得た利用者本人またははその家族の情報・記録のすべて(以下「個人情報等」という)とする。

■保管管理

1. 個人情報等の保管管理は、保護規程の定めにより事業管理者(施設にあっては施設長、居宅事業その他にあたっては、各事業管理者(以下「管理責任者」という)が当る。
2. 個人情報等は、事業所内保管庫で厳重に保管管理し、管理責任者の監督の下で処理等を行う。
3. 管理責任者の許可なく、個人情報等を事務所内からの持ち出しを禁止する。
4. 電磁的記録媒体にあっては、管理責任者は体制を整備し、外部からの侵入、破壊、盗難、紛失を防がなければならない。

■開示

1. 個人情報等は、被記録者本人(以下「本人」という)の請求があれば開示する。
2. 家族等関係者は、本人の同意を得て(遺族の場合は身分を示して)開示を求めることが出来る。ただし、この場合管理責任者は、利用目的等から本人の尊厳又は利益を損なうと認められるときは、不開示にすることができる。
3. 開示の請求があった時、本人又は請求者の心身の状況及び環境状況等により、直ちに開した場合本人又は第三者の利益を損なうと認められるときは、管理責任者は開示を保留することができる。
4. 不開示又は開示を保留したときは、その理由を明確にする。
5. 開示の方法は、閲覧又は複写の交付とする。
6. 個人情報等の訂正、追加、削除又は利用停止の求めがあったときは、介護サービスを適切、効果的に提供するうえで理由があると認める場合管理責任者は、保護規程の定めにより迅速に処理するものとする。

■情報提供

1. 介護保険法の趣旨に則り、利用者が適切な介護サービスを受けるうえで必要な情報は、許される範囲において介護支援事業者その他介護サービス事業者及び関係者に提供するものとする。
2. 提供する情報に保護規程に定める個人情報が含まれるときは、あらかじめ文書で同意を得た使用目的、使用内容を越えないものとする。
3. 前項の使用目的、使用内容は次のとおりとし、保護規程に定める制限の例外を除き、使用目的、使用内容を変更するときは、その都度文書による同意を得る。
①使用目的
ア、介護サービスの提供を受けるにあたって、介護支援専門員と介護サービス事業者等との間で開催されるサービス担当者会議において、利用者の状態、家族の状況を把握するめに必要な場合
イ、介護支援専門員又は介護サービス事業者、医療機関等との連絡調整のために必要な場合
ウ、介護サービスの提供を受けているときに、病気、ケガ等で病院の職員等救護関係者に説明する場合
②使用内容
ア、氏名、住所、生年月日等個人識別情報
イ、健康状態、病状、要介護度、介護計画、介護経過等介護支援を検討する情報
ウ、家庭状況、緊急連絡先等介護に必要な環境情報
4. 当法人が職員の給与・福利厚生事務、介護保険事務、給食業務等の全部又は一部を第三者に委託し、個人情報等を使用する場合は、その管理に関する契約(協定、覚)を締結し、遺漏のないよう努める。

■守秘義務

1. 当法人が運営する社会福祉事業に従事する職員は、業務上知り得た利用者本人又は家族の秘密を漏らしてはならない。
2. 守秘義務は、職員が在職中はもとより、退職後においても同様とする。
3. ボランティア及び実習生にも準用する。