しぎの黄金の里

しぎの黄金の里 ブログ

ホーム > 高齢者福祉事業 > しぎの黄金の里しぎの黄金の里 ブログ > 敬老会

敬老会

2020/09/17

9月16日に1階ホールにて敬老会を開催致しました。例年では、ご来賓、ご家族様を招いて盛大に式典を行っておりましたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策により小規模での開催となりました。今年のご長寿のお祝いは最高齢104歳の方を含む100歳以上の方が6名、百賀(100歳)の方2名、白寿(99歳)の方6名、卒寿(90歳)の方6名、米寿(88)の方6名の方々です。各々に記念品と記念色紙を、百賀の方には内閣総理大臣からのお祝い状及び記念品が施設長より手渡されると、緊張した面持ちで受け取られていました。

   

 

  

 

          

 

次に、職員による出し物では日本の伝統芸能のひとつ、竹製のすだれを持ち歌に合わせて踊る南京玉すだれが披露されると、手拍子と掛け声で会場は大いに盛り上がりました。

これからも、ご利用者の皆さんが健康に長生きして頂けるように職員一同精一杯努めてまいります。

本日はご長寿おめでとうございました。

 

~追記~

皆様に贈呈した記念色紙の「飛翔」という言葉は当施設理事長先生が一枚一枚、心を込めて書きました。

今年はコロナウィルスが広がった事で、世の中が暗くなり、良い言葉が思いつかないな!と思った時に、テレビで史上最年少の17歳11ヶ月で将棋のタイトルを獲得した藤井聡太棋聖が、今後の抱負を「飛翔」という文字で表しているのを見て、この2文字に決めたそうです。≪高い場所を求めて成長していく≫や≪飛ぶように高みを目指していく≫という意味がこめられております。

 

 

 

ブログ一覧に戻る