とよさと黄金の里

とよさと黄金の里 ブログ

ホーム > 高齢者福祉事業 > とよさと黄金の里とよさと黄金の里 ブログ > 七夕準備

七夕準備

2019/07/01

毎年七夕シーズンになると姉妹施設である高槻黄金の里にある笹を取りに行きます。

今年も立派な笹を高槻黄金の里より頂いてきました。

笹を施設ホールに固定し、ご利用者様と一緒に飾りつけをしました♪

入口の笹飾りです。とても大きな立派な笹です☆彡

ご利用者様も飾りつけを楽しんでくださってました。

★七夕飾りの意味★

折り鶴:長寿を願う。
紙衣(かみこ):裁縫が上達。着るものに困らない。災いを人形に移す。
財布(巾着):金運上昇。
網飾り(投網):豊年豊作大漁。
吹き流し:織姫の織り糸を象徴。
くずかご:清潔と節約を心がける。
三角つなぎ:裁縫が上達。
提灯:未来を明るく照らす。
輪飾り:夢や願いが消えずに繋がりますように。また、繋げることで天の川を表します。
菱飾り:菱形は星を表し、連なることで天の川を表します。

それぞれに意味や由来があるんですね。そんな思いも込めて飾ると更に願いが届きそうですね。

今日は飾りつけのみなので、お願い事は考えていて下さいね。

 

飾りつけの配置の監督もしてくださいました(^^)

 

明日以降お願い事を短冊に書いて飾っていきます。
お願い事なににしようかな~と楽しみにしている表情がとても素敵でした。

綺麗に飾って頂きありがとうございました(^^)

 

 

ブログ一覧に戻る