とよさと黄金の里

とよさと黄金の里 ブログ

ホーム > 高齢者福祉事業 > とよさと黄金の里とよさと黄金の里 ブログ > ~七夕~ 願い事を書きました。

~七夕~ 願い事を書きました。

2019/07/06

ホームに笹が届いてから、ご利用者様に短冊に願い事を書いてもらい、笹に飾っていきました。

職員も少しお手伝いさせてもらいながら、皆様の願い事を短冊に書きました。

おいしいものいっぱい食べて、笑顔の毎日を過ごしてほしいです。


笹飾りの前でパシャリ★どんな願い事かいたのかな?

 

 
短冊を笹の葉に飾っていきます♪♪


お願い事が届きますように~★

皆様の思いを短冊にしたため、明日7月7日の七夕をむかえます。
明日の夜は晴れるかな?織姫さまと彦星さまは会えるのかな?

 

っと、ここで短冊について書かせて頂きたいと思います。

 

短冊の色、「五色の短冊~♪」と歌にもあるように、七夕の短冊は始め五色の糸が使われていたのが
五色の短冊へと変わっていきました。
五色には意味があり七夕の短冊の5色は中国の陰陽五行説に由来しているそうです。

 

【短冊の五色】
青の短冊⇒自然の緑を表現している「木」
赤の短冊⇒火を表現している「火」
黄の短冊⇒大地を表現している「土」
白の短冊⇒地中に埋まっている金属を表現している「金」
黒(紫)の短冊⇒生命を育てることを表現している「水」
日本では黒はお祭りにはにあわないということもあって、昔から高貴な色とされる紫が黒の代
わりに使われるようになったそうです。

 

また七夕の短冊の5色には人としての生き方もあらわしているそうです。

それは、人間の五徳である「仁・礼・信・義・智」なんです。

 

【短冊の五色と五徳】
青の短冊⇒「仁」 仁とは思いやりの心のこと。
赤の短冊⇒「礼」 礼は感謝の心のことです。
黄の短冊⇒「信」 信とは誠実でうそをつかないこと
白の短⇒「義」 義とは私利私欲で行動しないこと
黒の短冊⇒「智」 智とは学業にはげむこと

 

七夕の短冊の色には、陰陽五行説からの自然界をあらわすことと、儒教からの人としての生き方をあら
わすことも由来しているそうです。

せっかく深い意味がある七夕の短冊の色ですから、それをふまえて願い事を書くと願い事が叶いやすい
かもしれませんね。

 

また、当ホームとよさと黄金の里ではただ今職員を募集しております。
募集内容はホームページに記載しておりますので、わたくし達と一緒に働きたいという方は是非ご応募
ください。
また、募集ページはこちらから移動致します。

 

 

 

 

ブログ一覧に戻る