とよさと黄金の里

とよさと黄金の里 ブログ

ホーム > 高齢者福祉事業 > とよさと黄金の里とよさと黄金の里 ブログ > 七夕の日の献立

七夕の日の献立

2019/07/07

今日は七夕です。

7月7日七夕は五節句のうちの1つ。

五節句の「節」は季節の変わり目という意味があり、「節句」は季節の節目に五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄などを祈り、
神様へお供え物をしたり、旬のものを食べ、邪気を祓ったりする行事の事をいいます。

七夕の行事食はそうめん。当ホームでも昼食に七夕そうめんをお出ししました。

・枝豆ごはん
・七夕ソーメン
・ごぼうの炒り煮
・マンゴー缶

美味しく召し上がっていただきました。

 

意外に知られていませんが、日本でそうめんを七夕のお供え物として使うようになったのは、
はるか昔の平安時代のことだそうです。

そうめんは暑さで食欲が減退するこの時期にぴったりで、そうめんを天の川や織姫の織り糸に見立てて、
七夕にそうめんを食べるという説もあります。

 

●そうめんを七夕の夜に織姫と彦星が出会う天の川に例えた

●織姫にあやかって女の子の裁縫が上達するようにという願いを込めて糸に見立てたそうめんを食べるようになった

●健康を祈ってそうめんを食べるようになった

●そうめんは食欲がない人でも食べやすいため、体力をつけるために食べるようになった

 

地方によりいろんな説、風習があるみたいです。

7月7日にそうめんを食べるということは平安時代から今まで続く食文化ですから、未来を担う子供たちにも伝えて
これからも忘れずに守っていきたいですよね。

ご利用者様にものど越しが良く食べやすいそうめんを食べて頂き、元気で楽しい毎日を過ごしてほしいと願います。

 

ブログ一覧に戻る