とよさと黄金の里

とよさと黄金の里 ブログ

ホーム > 高齢者福祉事業 > とよさと黄金の里とよさと黄金の里 ブログ > 消防訓練

消防訓練

2019/03/07

東淀川消防署の方に来ていただき、消防訓練を行いました。

施設内での消火・避難訓練のほかに、水消火器による実践訓練も行いました。

消防署の方より、普段から役立つ「火災初期の3原則」を教えていただきました。

 

1.早く知らせる

  • 「火事だ」と大声を出し、隣近所に援助を求める。声が出なければ、やかんなどを叩き異変を知らせる。
  • 小さな火でも119番に通報する。当事者は消火を、通報は近くの人に頼む。
  • ひとりで行動しないで、できるだけ多くの人に助けてもらう。

2.早く消火する

  • 火が小さいうちに落ち着いて初期消火する
  • 初期消火に有効な消火器の使い方は
  1. 消火器を火元まで持っていき(およそ3~5m)、安全ピンを抜く
  2. ホース・ノズルを火元に向ける
  3. レバーを強く握る
  4. 放射(煙にまどわされず、火の根元に向けて放射する)

3.早く逃げる

  • 天井に火が燃え移ったら、ちゅうちょせず避難する。
  • 避難するときは、燃えている部屋の窓やドアを閉めて空気を絶つ。

 

との事です。

その他詳しい内容もございます。

是非、参考にしてください。

「大阪市消防局ホームページ」

http://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000369431.html

ブログ一覧に戻る